支援のしくみ

災害時に届きにくい、
小さな声をつなぐ

災害時は、高齢者、障がい者のある方、乳幼児家庭の方などは、様々な理由で避難しづらい、できない状況があります。そのため、必要な要望が支援者(団体)に届きづらいという課題がありました。

災害時に届きにくい、小さな声をつなぐ、要配慮者のためのプラットフォームです。

支援システム

要配慮者
支援を受ける人(支援システムに登録した人)
支援システム
おおいた・いとでんわプロジェクト
支援者(団体)
大分県社会福祉協議会、その他支援団体

本ウエブサイトにある「新規登録」から事前登録することで、『支援システム』をご利用いただけます。必ず支援を受けられるものではありません。しかし、これまで必要な情報がとどきづらいという現状をこの事前登録により少しでも要配慮者のお役にたてたらとの思いです。
ご家庭によって、必要なモノはすべて違います。
本ウェブサイトにある窓口から情報を入力し、送信していただくことで少しでも早く支援団体へ送ることができます。そのためのシステムです。

ご利用については、事前登録が必須になりますので、ご協力をお願いします。



※現在システムは開発中です。2022年上旬にオープン予定です。

利用対象者について

このシステムの利用対象者は、災害時要配慮者と呼ばれる人の中でも特に以下の方々を主な対象としてご利用いただけます。
対象の方で災害時にシステムのご利用をお考えの方は、登録をお願いします。

障がい者
高齢者
乳幼児のいる家庭
妊婦

ご利用方法

支援システムの登録について

  • 災害時に支援システムを利用する際には、事前に利用者ご本人の情報の登録が必要になります。
  • 本ウェブサイトにある『新規登録』から登録ページへ移動し、メールアドレスを入力してください。
  • 届いたメールに記載されたURLにアクセスし、登録を手続きを行ってください。
  • 登録されたIDとパスワードは、災害時には支援要請を行うために必要になるので、大事に保管してください。

STEP1

新規登録
メール受信

STEP2

情報の入力・送信

氏名・住所などの
会員情報の入力

STEP3

メール受信

パスワードを
ご確認ください。

STEP4

登録完了

支援システムの登録について

  • 災害時に支援システムから支援要望を送る際には、本ウェブサイトの『ログイン』ボタンからログインページへ移動してください。登録時に発行されたID・パスワードを使って、ログイン後『支援要望』のボタンを押すと必要な物資などを送ることができるページへ移動できます。
  • 必要な物資を選んでいただき送信すれば支援要望は完了です。

※必ず支援を受けられるものではありません。支援を必要としている声を支援団体へ届けるシステムになります。

STEP1

新規登録

STEP2

支援情報の
入力・送信

STEP3

メール受信

STEP4

登録完了